イベント情報

神奈川とともに 相模鉄道100年展 10月9日(水)~12月23日(月)

神奈川とともに発展してきた100年のあゆみを紹介

相模鉄道は関東の大手私鉄の中で唯一、東京に線路が乗り入れていない鉄道です。しかし、この表現はまもなく過去形になります。本年11月30日、相鉄・JR直通線(西谷~羽沢横浜国大間2.7km)の開業により、東海道貨物線を経て湘南新宿ライン、埼京線と結ばれ、海老名~新宿間の相互直通運転が実現します。

さらに、羽沢横浜国大~日吉間の相鉄・東急直通線が開業する2022年度からは、東急電鉄東横線、目黒線との相互直通運転も予定されています。この二大プロジェクトの完成により、相鉄沿線から都内、あるいは新幹線へのアクセスは乗換えが不要になり、利便性は大幅に向上されます。

相模鉄道の設立は大正6(1917)年12月18日ですが、この会社の路線は戦時中に国有化され、JR相模線となっています。それとほぼ同時期に設立された神中鉄道の路線が現在の相模鉄道になったのです。当初は相模川で採取した砂利の輸送と販売を主体としていましたが、戦後は旅客輸送に重点が移り、横浜駅西口を初めとする沿線の開発を進めるなど、神奈川の発展とともに歩んできました。

本展では、実車の部品、車両模型、ダイヤグラムなどを展示して、100年を越える相模鉄道の歩みを辿るとともに、原信太郎が戦後間もない頃に撮影した貴重な写真も公開します。さらに相模鉄道(株)様のご協力を得て新型車両12000系電車4両の1番ゲージ模型を製作し、11月中旬から当館の世界最大級の1番ゲージジオラマ「いちばんテツモパーク」で走行を開始します。

展示内容紹介(一部)

① 相模鉄道100年の歴史

歴史を紐解く概要パネルとその時々のダイヤグラムなどを展示。

② 相模鉄道

解説パネルと懐かしの「2000系」の標識灯などを展示。

③ 映像コーナー

「相鉄・JR直通線の建設」などを放映。

5100系 新型車両:12000系前面図 車内補充券

新型車両12000系の出発式を開催予定

相模鉄道(株)様のご協力を得て新型車両12000系電車4両の1番ゲージ模型を製作中です。11月中旬から当館の世界最大級の1番ゲージジオラマ「いちばんテツモパーク」で走行を開始します。
その出発式を11月中旬に開催予定です。詳細が決まりましたら改めてご案内致します。