イベント情報

西の蒸気機関車達 2019年1月26日(土)~2019年3月25日(月)

C57の三重連

この度、西日本旅客鉄道株式会社様のご協力により、京都鉄道博物館様と友好協定書を締結させていただくこととなりました。互いに鉄道文化、鉄道技術を大切にし、その素晴らしさを後世に伝えるために協力し合うことを目的とするものです。また、京都鉄道博物館様は前身より蒸気機関車を大切にしてこられました。その歩みに敬意を表し、このたびの友好協定書調印を記念し「西の蒸気機関車達」展を開催いたします。

【協力】京都鉄道博物館、西日本旅客鉄道株式会社

西の蒸気機関車達

原信太郎は16mmによる貴重な記録映像を残しましたが、京都府・大阪府・兵庫県・岡山県・広島県での蒸気機関車の映像は12作品にのぼります。
これらの映像には、日本でたぶん原信太郎しか残していないだろうと思われる歴史的な貴重な映像も多く、現役の蒸気機関車はもとより、復活運転や記念運転を行ったものが含まれています。蒸気機関車ファンだけでなく、鉄道史に興味がある方々、そして都市の変遷や時代の変遷に心を寄せる人々に、共感と感動をお届けできるものと思われます。
映像は、5つのブースでそれぞれ約20~25分程度にまとめたものを上映いたします。通常公開する場合は1時間程度のコンテンツなのですが、今回はその3倍のボリュームであるため、ブースごとに楽しんでいただけるようにしました。このブースはブルートレイン客車のように演出しています。

公開予定映像のご紹介:原信太郎撮影による西日本での蒸気機関車映像

①片上鉄道・別府鉄道 1965年、66年、84年  (約25分)

●片上鉄道  約10分

片上鉄道は硫化鉄を産出する柵原鉱山から山陽本線の和気駅を経由して片上港に至る33.8㎞の鉄道でした。創業以来、蒸機が活躍しましたが、1966年に無煙化されることになり、鉄道友の会でお別れの撮影会が催されました。
片上鉄道には国鉄C11、C12の同形機のほか自社独自のC13が在籍していました。
映像は沿線を走行する木造客車ホハフ301を連結したC11列車を撮影したもので、貴重な映像です。現在、終点近くの吉ヶ原駅で車両が動態保存されており、特定日には公開運転も行なわれています。

●別府鉄道(べふてつどう) 約15分

別府鉄道は播磨灘の別府港から山陽本線土山駅に至る土山線4.0㎞と高砂線野口駅までの3.6㎞の小さな鉄道でしたが、京阪神から近郊にあったため、多くの鉄道ファンが訪れました。
映像は同社の1921年日本車輌製のCタンク6号機が小形客車を牽く土山線列車と野口線の気動車です。野口駅で出会う国鉄高砂線も今は廃止されてありません。1984年に廃止された土山線のお別れシーンも撮影されています。

別府鉄道の6号蒸機

②山陰本線の旅と加悦鉄道 1971年 (約20分)

●「蒸気列車の旅号」

鉄道友の会と国鉄の共催で1970年に催行されました。C57に牽かれて大阪を出発し、京都で列車の向きを変えて山陰本線に入ります。今は嵯峨野トロッコ鉄道となる山陰本線旧線の保津峡の景勝を車窓に眺めて進んで行きます。綾部と西舞鶴で再度列車方向を変えて宮津線に入線して行きます。現在、京都丹後鉄道(KTR)の京丹後大宮駅は当時国鉄丹後山田駅で、地方鉄道である加悦鉄道が分岐しており、一行は乗り換えました。

●加悦鉄道

加悦鉄道は酒呑童子の逸話で有名な大江山の麓、国鉄宮津線丹後山田から加悦に至る5.7㎞の小さな私鉄であり、大江山から産出するニッケル鉱石運搬を目的として1926年に開業しました。
加悦鉄道は現在、保存鉄道として存在しますが、素晴らしいことは明治時代の蒸気機関車、1873年ロバートスティブンソン製2号機と1889・1893年製の木造客車を残していることで、映像は1971年に両車が走っていることを写し出しています。

加悦鉄道で2号蒸機が明治の客車を牽引

③京阪神を走る蒸機 1961年、72年、74年、76年 (約25分)

●C53蒸気機関車復活運転  約12分

C53は1928年から1930年に製造された戦前を代表する急行列車用蒸気機関車で、東海道・山陽本線に配属されました。通常2つのシリンダが3つ備えており、排気音はボッ、ボッではなく、ボッ、ボッ、ボッの3拍子でした。中央シリンダは保守が難しく、戦後は荒廃が進み1950年までに淘汰されましたが、教材として残されていたC5345号を1961年に大阪交通科学館に保存展示することになり、鷹取工場で動態復元が行われ、鷹取-吹田間で記念運転されました。
映像は3軸ボギーの優等客車を従えて東海道本線を走った姿を記録した貴重なものです。

●鉄道100周年記念イベント  約13分

鉄道開業100年となる1972年は、各地で様々なイベントが開催されましたが、関西地区の大阪駅、大阪交通科学館の模様を記録しました。また、京都―姫路間ではC62 2号機の牽引する「SLしらさぎ号」が運転されました。1974年5月には大阪―神戸間開通100年を記念して、大阪―姫路間でC61 2号機の牽引する「白鷺号」が運転されました。さらに、1976年9月には京都―大阪間開通100年を記念して「京阪100年号」がC57 1号機の牽引で京都―大阪間で運転されました。

出発式を待つC53

④呉線・井笠鉄道・播但線  1970年、71年 (約22分)

●呉線での大型蒸気機関車  約15分

山陽本線三原と海田市をバイパスする呉線は、C59、C62の大型蒸機が活躍していたことで鉄道ファンに人気が高い路線でした。
映像は電化直前の1970年で、沿線のほか、糸崎機関区が写されています。一部は電気機関車が運転訓練で蒸気機関車の前に連結されています。
ヘッドマークを付けた寝台急行「安芸」は人気がありましたが、お別れイベントではC62・C59重連の列車も運転されました。

●井笠鉄道  約2分

井笠鉄道は山陽本線笠岡駅を起点とする762㎜軌間の非電化軽便鉄道で、井原までの本線と福塩線神辺に至る神辺線、矢掛支線3線の延長は37㎞に及ぶ重要な地方交通の足でした。
撮影は1970年で、車庫のある䦰場(くじば)で1号機と気動車、笠岡市内に保存されていた9号機を撮影しています。

●播但線3重連の咆哮  約5分

播但線は山陽本線姫路と山陰本線和田山を結ぶ65.7㎞の路線で、冬期には沿線の鉢伏・神鍋スキー場への輸送で臨時列車が運転され、C57蒸機の3重連が行なわれて鉄道ファンの人気を集めました。
貴婦人と呼ばれたC57の冬景色の活躍も素晴らしいものでした。

播但線和田山駅で出発を待つ三重連のC57

⑤山陰本線・宮津線  1968年 (約20分)

●山陰本線の蒸気機関車  約18分

山陰本線は近代化が遅れており、1968年には多くの蒸機列車が残っていました。
C57、C58、D51に加えてC12、9600といった機関車が活躍しており、映像は山陰本線、舞鶴線、小浜線、宮津線の客車列車と貨物列車、それに西舞鶴機関区を撮影しています。

「はしだてビーチ号」

「はしだてビーチ号」は夏の海水浴臨時急行列車で、寝台急行「音戸号」が昼間は使われていないことから、これを活用して運転された全席指定の冷房付客車列車でした。
山陰本線はC57が牽きましたが、宮津線内は大正期の古豪9600が牽引し、ブルー塗装の軽量寝台客車との組み合わせが人気を呼びました。

●宮津線のお召し列車  約2分

1968年秋の国民体育大会は福井県で開催されました。越美北線、小浜線、宮津線では蒸気機関車牽引によるお召し列車が運転されましたが、映像は宮津線のC58223・56による重連を写しています。
現在は使用されることのない美しい1号御料客車編成とC58機関車のきらびやかな組合わせが目を引きます。

華麗なお召し列車の走行シーンはとても珍しい

特別企画展「西の蒸気機関車達」で公開している映像のサンプル(一部抜粋版)

※サンプル映像をお貸しすることも可能です。原鉄道模型博物館へお問い合わせください。

その他、展示品のご紹介

①蒸気機関車の技術史

日本の蒸機機関車の技術を分かりやすく展示解説致します。

②梅小路機関区ジオラマに原模型の展示

1/40スケールの梅小路機関区ジオラマに約20両の原模型の蒸気機関車を展示します。